■ベッドサイズの選び方

ベッドには収納付きや跳ね上げベッド、フロアベッドなど様々タイプがありますが、ベッド選びの基本は自分にぴったりのサイズを見つけることです。
毎日眠るベッドのサイズはどのサイズが適切でしょうか?一人用だからシングルベッド、二人で眠るからダブルベッドと決めつけていませんか?
ベッドのサイズはどのようなものがあるか確認し、自分にぴったりのベッドを見つけましょう!

ベッドサイズではなくタイプ毎の特徴を確認したい場合はこちらのおすすめベッドのページをご確認ください。

ベッドサイズの選び方イメージ

◆まずはわかりやすいマットレスサイズを確認します。

ベッドの外寸はヘッドボードやフレームでっぱりのあるデザインがあるとサイズが変わってしまいます。
ここではベッドの上に置くマットレスのサイズを確認したいと思います。
一般的にシングル、セミダブル、ダブルと言われている大きさの違いはマットレスを縦長で見たときの横幅を指します。
サイズ毎の横幅は下記のようになっています。カッコ内の数字は2枚で構成されている場合です。

  • スモールセミシングル:80cm
  • セミシングル:90cm
  • シングル:97~100cm
  • セミダブル:120cm
  • ダブル:140cm
  • クイーン:160cm(80cm+80cm)
  • キング:180cm(90cm+90cm、80cm+100cm)

上記サイズはあくまでも目安となっています。メーカーによってはセミダブルが122cmであったりクイーンサイズが170cmということもあります。スモールセミシングルはセミシングルと表記されていることもありますので要注意です。

また上記サイズ以外にも各サイズの中間サイズとしてワイドシングル:110cm、ワイドダブル:150cmといったサイズもありますが種類が少なくあまり一般的なサイズではない為、今回は割愛します。一般的なサイズ以外のマットレスを購入するとリネン周りを購入するときに種類が少なかったり、価格が高かったりすることがあります。ベッド回りのリネン類選びなどで苦労したくない方は一般的なサイズの中から選ばれることをおすすめいたします。

マットレスサイズについて

各サイズ毎の特徴を説明いたします。

スモールセミシングル

このサイズのベッドフレームはかなりコンパクトなサイズの為、体が小さな女性やお子様向けのベッドとしてご利用いただけます。2枚を並べるとクイーンサイズの大きさになり、夫婦の寝室用ベッドとしてもお使いいただけます。スモールセミシングルではなくセミシングル表記のこともありますのでご注意ください。

セミシングル

セミシングルサイズ(90cm)のベッドはシングルサイズと比較してサイズダウンすることでお得に購入できるように製造されたサイズです。一番需要のある大きさのシングル97cmと比べて左右それぞれの大きさの違いは3.5cmなのでそれほど気にならないかと思います。少しでも安く購入したい方におすすめです。リネン類はシングルサイズのものでよいでしょう。

シングル

一人用のベッドの代表的なサイズ。日本人の多くの方がこのサイズのベッドであれば問題なくお休みいただけます。ただゆったり快適に眠りたいという場合はもう少し大きめのサイズがおすすめです。ベッドシーツやパッドなどの種類も多く販売されているため、自分の好みに合ったベッドにカスタマイズしやすいのが特徴のサイズです。

セミダブル

シングルより23cm大きく、ゆとりのあるサイズがセミダブルサイズです。ゆったりと眠りたいという方におすすめなのがこのサイズです。お部屋のスペースに余裕がある方はぜひこのサイズをご検討ください。シングルサイズと同様にリネン類も豊富に市販されています。

ダブル

ダブルサイズの大きさになると二人で寝ることができるサイズとなります。体の小さな方やお子様と寝る分にはいいかもしれませんが、成人二人が寝ると窮屈に感じられるかもしれません。毎日二人で寝る為のベッドサイズで考えているのであればクイーンサイズ以上のベッドがおすすめです。リゾートホテルなどではダブルサイズを一人用としているためゆったり寝ることができます。

クイーン

大人二人がゆったり眠れるサイズのベッドがクイーンサイズのベッドです。通販で売られているマットレスはクイーン以上のマットレスは分割されていることが多くなっております。理由としては日本の狭小住宅ではクイーンサイズでは搬入ができないことが多い為です。また大きすぎるマットレスは運送会社が配送しづらいといった問題もあります。マットレスが分割されていると聞くと抵抗があるかもしれませんが、分割されていることにより搬入が簡単に行えたり寝る時間が異なっていても 相手の動きが伝わりづらいなどメリットもあります。分割部分は厚めのパッドや当店で販売している1枚物のピロートップを敷けば気になることは少なくなります。

キング

ちょっと大きめの部屋でないと置きづらいのがキングサイズのベッド。小さなお部屋だとお部屋の大部分をベッドが埋め尽くしてしまうためです。180cmサイズとなりますが通販で売られているベッドだとマットレスの組み合わせが90+90の場合と100+80cmなどイレギュラーな場合があります。


◆次にマットレスの縦幅を確認します。

  • レギュラーサイズ:195cm
  • ロングサイズ:205cm
  • ショートサイズ:180cm

レギュラーサイズ(レギュラー丈)は基本的に長さが195cmとなっています。
多くの方はこのサイズで問題ありませんが身長がある方はロングサイズ(ロング丈)205cmをお試してください。
ちょっと枕を下げてもベッドから足が出ることが無くなります。
逆に背が低い方やお子様にレギュラー丈はお部屋のスペースがもったいないので、そういう方にはショートサイズ(ショート丈)180cmをおすすめです。
15cmのスペースが空くと扉などがスムーズに開けられたり、家具を余分に置くことができるようになります。
ただしロングサイズ、ショートサイズともにベッドフレーム、リネン類の選択肢が少なくなるデメリットもあります。

◆お部屋のレイアウトチェック

マットレスのサイズが決まったら実際にお部屋にベッドを置くとどのようになるか確認してみましょう!
下記にサンプルとして6畳のお部屋のイメージがあります。
お部屋に入るための扉の開閉スペース。置かれる可能性の高いデスク。現状多くの家庭に設置されているクローゼットの開閉スペースを考慮しています。

設置しているベッドはシングルサイズです。

棚の有無でベッドの全長は変わりますが一般的な棚サイズは20cmほどあります。その為、頭側に20cm確保しています。
ヘッドレスにするとお部屋は広く使えますが、枕元にサイドテーブルなど小物を置くスペースが必要になります。
最近は半分くらいの厚みのスリムタイプの棚なども発売されています。

ベッドの左の壁側は10cmほど開けると掛け布団がずり落ちにくくなるため、開けておくのが理想です。

反対側は引き出し付きベッドの場合、引き出しの開閉スペースまた引き出しの前に人が座るためのスペースを確保する必要があります。もちろん立ったまま開けるなど状況により必要なスペースは変わります。収納スペースは確保したいけど開けるスペースを確保できない場合はガス圧式跳ね上げベッドをご検討ください。

実際のお部屋だと他にもテレビ台など他の家具を置く必要があるかもしれませんし、角に柱があるかもしれません。
ご自分のお部屋がどのようになっているか全体の大きさを確認したうえで、ベッドサイズをお選びください。