フロアベッドとローベッドの違い

ベッドを購入するときにおしゃれな雑誌などに掲載されている高さが低いベッドを購入したいと思った事はありませんか?そのような高さの低いおしゃれなベッドをネットで検索するときにどの様に検索しますか?

人によって違うと思いますが「フロアベッド 通販」、「ローベッド 通販」、「低いベッド 通販」などでしょうか?

ここでいうフロアベッドとローベッドの違いを認識している方はあまりいないのではないでしょうか?それぞれの特徴を理解していないと商品が届いた時に「失敗した」「なんかイメージと違う」なんてことになってしまいます。そんなことにならないようにこのページで フロアベッドとローベッドの違いを正しく理解いたしましょう。

高さの低いベッドイメージ

 

床板の高さに注目!

通販で商品を選ぶときにまず画像を見ると思いますが、商品の特徴をよく理解していないと、画像を見ただけではフロアベッドとローベッドが良くわからないと思います。店舗によってはごちゃ混ぜに掲載しているお店もあるのでより困難です。

フロアベッド・ローベッドの区分けは床面の高さによります。下記の2つのベッドは棚の形も同じで色合いも似ているベッドですが、片方がローベッドでもう片方がフロアベッドとなります。どちらがフロアベッドでどちらがローベッドかわかりますか?

どちらがフロアベッドどちらがローベッド?

正解の前にまずはそれぞれの特徴を理解しましょう。

 

フロアベッド・ローベッド共通の特徴

フロアベッド、ローベッド共に床面が通常のベッドと比較して低いという点は共通しています。床面が低くなることにより、ベッド全体の高さが低くなりお部屋に開放感を与えてくれるのが特徴です。また小さなお子様が使った時にベッドから落ちて怪我をする事もなくなるかと思います。

 

フロアベッドの特徴

フロアベッドはその名の通り【フロア:床】に床板もしくはすのこを敷いて、その周りにフレームで囲む事でベッドが出来上がっています。このような構造なのでマットレスはフレームの中に落とし込まれている事になります。フロアベッドの特徴は一般的に価格が安いのが特徴です。床面部分に強度を必要としないためヘッドボード以外は他のベッドと比べて簡易なつくりになっている為です。

フロアベッドに限らず落とし込みタイプのベッドを購入するときに気を付けなければいけないのがベッドのマットを設置できるスペースとマットレスサイズの関係になります。 内寸に収まらないと設置できないのはもちろんの事、隙間があり過ぎてもスカスカになってしまいますので注意が必要です。もちろん厚手のカバーを付けたりする場合はある程度余裕がないとハマらないなんてことになってしまいます。

フロアベッドはその名の通り床にマットレスを直接置いて寝ている間隔となります。布団で寝ている方が移行しやすい特徴もありますが、寝起きを楽にしたいと考えている場合は少し高さがあるベッドにした方が良いでしょう。

フロアベッドのフレームイメージ

 

ローベッドの特徴

ローベッドはフロアベッドと違い【ロー:低い】ベッドというあいまいな表現の名称のベッドなのでローベッド自体に明確な高さの定義はありません。その為、当店では脚が無くマットレスを置く床面が直接、床に付いていない商品をローベッドと定義しています。お店によっては脚の短いベッドもローベッドとしている場合もありますが、当店の場合は脚付きベッドはすべてステーションベッドとしています。

床面がフレームと一体型もしくはフレームの桟に床面を載せるタイプはフレームと床面がフラットになっているため、マットレスサイズはある程度自由が利くといった特徴があります。またフレームにつながっている部分にマットレスを載せる関係上、強度も必要となる為、しっかりとしたつくりのベッドが多く高級感を感じられるベッドが多くなっています。

ローベッドは高さが低く作られていて、フレームにそれなりの高級感のあるタイプが多いので、価格の高いブランドマットレスと相性が良く、比較的低コストで寝心地と見た目の良さの両方を実現することができます。

またフロアベッドより少し高さがありますので、掛け布団を使っている時に布団が床につくことが無く、埃も付きにくく清潔感を保てるのが特徴です。

ローベッドのフレームイメージ

 

フロアベッドとローベッドの違い:まとめ

フロアベッドとローベッドの違いは理解していただけたでしょうか?どの様な方がそれぞれのベッドを購入したほうが良いかまとめてみます。

◆フロアベッドがおすすめの方
・低価格でおしゃれなベッドセットを購入したい方。
・布団からの移行で同じくらいの高さで寝たい方。
・できるだけお部屋にベッドの圧迫感を出したくない方。

◆ローベッドがおすすめの方
・お部屋に開放感と高級感の両方を出したい方。
・マットレスサイズが既定のサイズ以外をお持ちの方、もしくは利用したい方。
・しっかりした造りのベッドが好みの方。 (商品によってはマットレスだけでなく布団も利用可能)
・ブランドマットレスと組み合わせられるフレームを探している方。
・お布団を床につけたくない方。

上記まとめはあくまでも一般的なベッドタイプのまとめです。フロアベッドでも枠の大きさが一回り大きくなったステーションデザインのベッドを選べばフロアベッドでも高級感を感じることはできますので購入前に良く商品の特徴をご確認ください。

 

フロアベッドとローベッド:クイズの答え

【床板の高さに注目!】に掲載していたクイズの答えはここまでの記事の内容を理解していればわかるかと思いますが、正解は左がローベッド、右がフロアベッドとなっています。ちなみにちょっと難しい写真を選んでいます。本来はマットレスの上面の高さが違うのでわかりやすいのですが、この画像はどちらも同じような高さとなっています。同じような高さに見えるのは左のベッドが頑丈ベッドでマットレスだけでなく布団も使えるベッドの為、左の写真はフレーム+布団、右の写真はフレーム+マットレスでそれぞれの高さが同じくらいに見えるからです。このような組み合わせができることも参考にしていただければと思います。

フロアベッドとローベッドはこちらで販売しています。