通販で買ったベッドが壊れた!

通販で安くてかっこいいベッド、かわいいベッドが買えると嬉しいですよね?自分で気に入って買ったものだとなおさら長く使っていきたいと思われていると思います。でも万が一使っていくうちに不具合が発生してしまった場合あなたならどうしますか?ここではそんな時の対処方法について紹介したいと思います。

高さ調整対応Rモダンデザインベッド【Fennel】フェンネル:日本製ヒノキすのこ対応

 

購入時に初期不良がないかきちんと確認しましょう!

通販で購入したベッドが届いたらまず不具合がないかすぐに確認しましょう!最初から不具合があるものを使っていたら壊れ安いのは当たり前です。不備がないかはしっかり確認しましょう!お店にもよりますが初期不良の連絡は商品到着が1週間以内など規定があります。この期間内に連絡ができないと初期不良と判断されない場合がありますのでご注意ください。

 

組立に間違いがないか説明書をしっかり確認しましょう!

ベッドはマットレスや体を載せて使う物なので、組み立て方が間違っていると構造計算が狂いベッドが破損する危険があります。最悪怪我をしてしまうなんてこともあります。このようなことにならないように組み立て方法に間違いがないかしっかり確認しましょう!最近では有料ですが組み立て設置付きのベッドも増えています。プロがしっかり組み立ててくれるので、安心して使えるというメリットと、万が一届いた商品に不備があった場合でもその対応まで行ってくれるので、とてもおすすめのサービスとなっております。通販でベッドを購入するなら組み立て設置付きがおすすめです。

 

ベッドが壊れてしまった・・・

初期不良もなく、組み立てもしっかり行えたのにベッドが壊れてしまったらどうしますか?まず最初にしなければいけないのが購入店に連絡することです。(メーカーではなくベッドを購入した販売店です。)その時の経過年数、使用状況、商品によって変わってきてしまうかと思います。

1:輸入品ベッドの場合
購入から1年なり経過している場合はおそらく、部材の手配は難しいと思います。通販で売られているベッドは回転が早いため、廃盤、もしくはリニューアルにより部材が合わないといったことが出てきます。そうでない場合でも輸入品は部材での管理がされていないことが多い為、メーカー側も商品丸ごと輸入しなければいけなくなることからベッドすべてを買い替えてくださいといった流れになってしまいます。運が良ければ輸入品でも手配可能なメーカーもありますので、まずは問い合わせしていただければと思います。手配が難しい場合は壊れたベッドをそのまま使うのは危険な為、買い替えをおすすめします。

2:国産ベッドの場合
輸入品のベッドと違い生産も安定しているのが国産ベッドの特徴です。回転も比較的ゆっくりな為、100%ではありませんが購入された商品が廃盤になっていなければ部材のみの購入ができる可能性は高いです。国内で部材を作っているので、ベッドすべての手配をする必要もないため、輸入品と比べて融通がききます。もちろん部材代と送料は掛かってしまいますがベッド全体を購入するよりは安く済むかと思います。

安心して使える日本製ベッド
安心して使える日本製ベッドの一覧はこちら

 

通販で買ったベッドが壊れた際の:まとめ

ベッドが壊れてしまったときの対処方法は参考になりましたでしょうか?正しく使っていればベッドは簡単に壊れるものではありません。破損した事例としてよくあるのは床板の破損です。原因としてはマットレスを使わなければいけないベッドに布団で寝ていたという場合やマットレスの上で飛び跳ねていた等があります。ベッドは基本的に寝て使う物なので立って乗ることはお控えください。また使用上の注意もよくご確認ください。

安心して長く使いたいと思われている方は国産ベッドを購入されることをおすすめしています。

でもどうせ買うなら国産ということだけではなく壊れにくいベッドが欲しい!という場合は頑丈なベッドをお選びいただければと思います。関連コラムとして「頑丈ベッドと敷布団が使えるベッドの違い」がありますのでお時間がある方はこちらも合わせてご覧ください。