幼児・子供用ベッドの選び方

大事なお子様用のベッドを選ぶ時、どんなベッドを用意してあげればいいか悩んでしまいますよね?
特にベビーベッドだと体が窮屈そうだと感じる5歳ぐらいから悩まれますよね?

まだまだ一緒のお部屋で並んで寝るのがいいのか、子供部屋に新たにベッドを購入するのがいいのか。

そこでここでは幼児から小学生ぐらいを対象にした子供用ベッドの選び方について考えてみようと思います。

日本製・引き出し深さが選べる収納ベッド【Matthew】マシュー

 

お子様は一人で寝ることはできますか?

ここがまず1番のポイントです。せっかくお子様用のベッドを用意しても一人では寝れないなんてことになったら、せっかくのベッドが無駄になってしまいます。そうならないためにもまずはお子様に広いベッドで一人で寝たいかどうか、それともご両親と一緒に寝たいかどうかを確認する必要があります。ここで「一人で寝られるよ」と言われた場合は、まずはおうちにあるお布団または簡易なすのこベッドなどで試してみるのはいかがでしょうか?

例えば下記のようなすのこベッドに布団を敷けばそれだけでベッドが完成します。このすのこベッドなら布団を干すこともできますし、将来的にお子様が大きなベッドに買い替えをしたときでも保管場所には困らないくらいコンパクトですし、来客用としても利用可能です。なおよりコンパクトにしまえるロールタイプもご用意しております。

通気性2倍の折りたたみ「みやび格子」すのこベッド シングル【二つ折りタイプ】

一人で寝ることができないという場合はご両親と一緒に寝られるようにベッドを選ぶ必要があります。お部屋が広い場合はご両親のベッドの横にベッドを並べれば問題解決となりますが、都心部にお住まいの方などで「部屋が狭い」「ベッドを3台も並べられない!」というかたの場合は他の方法を検討しなければいけません。

親子ベッドの活用

まず一つの方法としては下記画像のように親子ベッドを検討する方法があります。親子ベッドは上段にご両親のどちらか、下段ベッドにお子様が寝るといったつくりとなります。下段のベッドはキャスター付きで出し入れが可能なので使わない時はベッド下にしまえるのでお部屋が狭くなりません。また将来的にこのベッドをお子様もしくは親御様が一人で使うことになっても下段スペースは収納スペースとして利用できるのでベッドを買い替える必要がありません。

こちらの商品はベッド専門店:ベッド通販.comでの販売のみとなっております。
画像をクリックするとベッド通販.comが別タブで表示されます。

収納スペースとしても使える親子2段ベッド【Beaute】ボーテ

 

連結ベッドを検討してみる

もう一つの方法として下記のような2台のベッドを連結して使うことができる連結ベッドを検討するという方法があります。2台のベッドを金具でつなぐことにより隙間なく並べられるのでご両親とお子様一人ぐらいであれば十分広々とお休みになることが可能です。連結ベッドは主にフロアタイプのものとそうでないもの(収納付きなど)がありますがお子様が小さいうちはフロアタイプの連結ベッドがおすすめです。転落などの心配がなく安心してお使いいただけます。またせっかくなら日本製ベッドの方がより安心です。連結ベッドはライフスタイルの変化に合わせて再度分割して使うこともできます。例えばお子様が小さいうちはシングル+セミダブルで3人で寝てお子様が大きくなったらセミダブルのベッドをお子様に与えてご両親用にシングルベッドを買い増すなんてこともできます。

日本製・フロアタイプ連結ベッド【Samuel】サミュエル

連結ベッドはこちらでまとめて掲載しています。

 

幼児・子供用ベッドの選び方まとめ

いかがでしたか?ベッドは大きなものですし買い替えも大変です。なるべくなら効率よくベッドを使いまわしていただければと思いますで、お客様のライフスタイルに合ったベッドをお選びいただければと思います。

なお我が家ではすのこベッドにボリュームタイプの羽毛布団セットといった組み合わせで様子を見ています。

お手頃価格のボリュームタイプ羽毛布団セットはこちらで販売しています。