日本製ベッドと外国製ベッドの選び方について

一般的に安く売られているベッドの多くは外国製ベッドとなっています。価格だけで比較すると日本製ベッドは人件費などのコストの問題で価格は高くなってしまいます。形が似ているのであれば安い方がいいと思われるかもしれません。ただ果たしてそれでいいのでしょうか?このページで外国製ベッドと日本製ベッドの違いを簡単に説明しまうので購入時の参考にしていただければと思います。

国産ナノテック ポケットコイル 銀イオンプレミアムJP 7.5インチ 7ゾーン

 

外国製ベッドのメリットデメリット

外国製ベッドは安価なものが多く、手に入れやすいメリットはありますがそれでも日本製ベッドを優先して購入する方が多いです。全てがそうではないのですが、外国製ベッドはわずかなゆがみが発生していることがあり、そのせいで寝るときのギシギシ音、そして寝返りのたびに異音が発生することがあり、神経質な人なら特に寝心地に影響するものもあります。また素材も安価なものが使われていることが多く、それゆえに入手しやすい価格となっているのですが、寝具は毎日数時間使う、長持ちしてほしいものです。

コンセント付き収納ベッド【Verne】ヴェルヌ

外国製ベッドは価格も安く一時的な一人暮らし用ベッドとしては重宝されますが、長く使うのを前提としたファミリーベッドとしては少々使いづらく、すぐに壊れてしまうかもしれないというリスクが常にあります。勿論外国製ベッドにも日本製ベッドより使い勝手の良いものはありますが、そもそも日本人の体型に合わせて作られていないものも多いので、どこか寝心地が合わないベッドになってしまう場合も多いものです。勿論マットレスなどを合わせて寝心地を改善することはできますが、それでも異音がある場合は寝返りのたびに気になりますし、適切に体重を支えることが出来ないベッドですと次第に骨格の歪みに繋がってしまうという恐れがあります。 寝ていてもなかなか疲れが取れず、腰痛や肩こりに悩まされるという場合もあるのです。ベッドの文化が根強い海外で生産されたベッドは高品質のものは本当に素晴らしいものですが、誰にでも入手しやすいように安価なベッドも多数あります。勿論それが偶然良い品質で、自分に合っているベッドだったという場合もありますが、中には異音、ゆがみ、嫌なにおいがする、ネジ穴がずれている、ネジ穴自体がないなど、細かいところのトラブルに見舞われる場合もありますのでご注意ください。

 

日本製ベッドのメリットデメリット

国産のベッドは外国製ベッドにあるような異音、歪み、においなどのトラブルが起こることは本当に少なく、また日本製ベッドは製造時にコストをかけて作っているので長年愛用することができるベッドが多くなっています。デメリットといえば、その生産コストからやはり日本製ベッドは高価なものとなっており、大家族だと揃えるだけで数十万という金額がかかることもありますので、予算を考えた上でご検討いただく必要があるでしょう。ですが、その金額分の価値が十分あるベッドがほとんどであり、これから長く使用したいと考える方には特におすすめです。

頑丈ベッド【Tough】タフ 日本製低ホルムアルデヒドBOX型収納ベッド

ベッドは大型の家具なので、壊れてしまった場合、粗大ゴミとして出さなければなりません。あまり長持ちしないベッドを使ってしまい、壊れてしますと粗大ゴミに出す手間、そして買い換える手間などでうんざりしてしまうこともあるでしょう。ずっと使い続けられるという点では、そのあたりのリスクを限りなく減らせる上に、メーカーによっては長期の保証期間もありますので、万が一の場合でも修理などをしてより長く使い続けられる安心感もございます。細かい家具に関しましては、安価なもので済ますほうがよいかもしれませんが、ベッドのように大型家具となると長く愛用できるようにいいものを買っておいたほうが長い目で見るとコストは低く使っていられるものとなります。 最初にしっかりしたものを買っておいて長くそれを使い続ける、そう考えると販売価格が高いというデメリットはないものに等しく、そういった使い方をするには日本製ベッドは非常にうってつけの商品といえるでしょう。

またすのこベッドなど通気性の高いベッドなどは、湿気の溜まりやすい日本ではやはり同じ環境で作られ、より考えられたベッドを使用すると長持ちしやすいものとなります。職人の「量産よりもこだわり」のほうを強く出した日本製ベッドはお値段に見合った、あるいはそれ以上の高品質なので是非日本製ベッドのご購入を検討してみてください。

 

◆関連ページ

▽日本製ベッド一覧はこちら